ローズオットー


ローズオットー

植物名:ダマスクローズ
科名:バラ科
学名:Rosa damascena
主な産地:イラン、トルコ、ブルガリア、モロッコ
種類:低木
抽出部位:花
精油製造法:水蒸気蒸留法

《主な成分》
モノテルペンアルコール
*シトロネロール
*ゲラニオール
*ネロール

《微量成分》
フェノール
*フェニルエチルアルコール(特徴成分)
*オイゲノール
オキサイド
*ローズオキサイド
エステル
*酢酸ゲラニル
ケトン
*ダマスコン(特徴成分)
「精油の女王」と呼ばれるほどの、エレガントでゴージャスな香りが特徴のローズ。

揮発性有機溶剤抽出法で抽出された精油はローズアブソリュート、
水蒸気蒸留法で抽出された精油がローズオットーです。

「オットー」はトルコ語で「水」という意味です。

低温で固まる性質をもっており、
たくさんの花からわずかな量しかとれない貴重な精油です。

ホルモンバランスの乱れに関係する不快な症状の緩和や、
肌を整える働きがあると伝えられ、
美と健康を守る精油として、広く活用されています。

肌のアンチエイジングに優れた精油で、
あらゆる年齢の女性のための精油ともいえます。

成分中の、フェニルエチルアルコールとシトロネロールに抗不安作用があるので、
例えば受験生などの場合、
試験前から毎日ローズオットーを嗅ぐことで
強いストレスによるココロとカラダの緊張を緩和し、結果、肌も良い状態に保つことができると報告されています。

Related Entry

ベルガモット

イランイラン